本文へ移動

多様なこども・若者の意見を聴く在り方及びこどもの意見反映に関する行政職員の理解・実践に向けたガイドライン作成のための調査研究

令和4年度にこども家庭庁設立準備室において実施した「こども政策決定過程におけるこどもの意見反映プロセスの在り方に関する調査研究」において、声をあげにくいこどもや若者からの意見聴取の在り方について更なる検討の深堀りが求められたことを踏まえ、多様なこども・若者の意見反映プロセスの在り方に関する調査研究を行います。
また、そこで得られた内容等も踏まえ、各府省や地方公共団体の職員が、こどもの意見反映について適切に理解し、効果的に取り組むことができるよう意見聴取の際の留意点等をまとめたガイドラインを作成します。

ガイドラインを検討するための有識者会議

ガイドラインの作成にあたっては、有識者からなる会議を開催し、多様な視点でその内容や在り方を検討します。

関連情報