本文へ移動

「こどもまんなか 児童福祉週間」

こども家庭庁では、5月5日の「こどもの日」から1週間を「こどもまんなか 児童福祉週間」と定め、こどもたちの健やかな育成について国民全体で考えることを呼びかけています。

「こどもまんなか 児童福祉週間」について

趣旨

こどもたちが健やかに育つこと、これは社会の宝であるこどもたちに対する国民全体の願いであり、すべてのこどもが家庭や地域において、豊かな愛情に包まれながら、夢と希望をもって未来の担い手として、個性豊かに、たくましく育っていけるような環境・社会をつくっていくことが重要です。
このため、政府では、すべてのこどもと子育てを大切にする取り組みを進めています。
また、こうした社会づくりを大人任せにするのではなく、どのような社会が理想なのか、こどもたちの一人一人がそれぞれの意志で新しい未来を築いて行こうとする取り組みを進めていくこと、そして、それを応援する環境を整備していくことも求められています。
こうした中、こどもや家庭、こどもの健やかな成長について国民全体で考えることを目的に、毎年5月5日の「こどもの日」から1週間を「こどもまんなか 児童福祉週間」(5月5日~5月11日)と定めて、児童福祉の理念の普及・啓発のための各種行事を行っております。

期間

毎年5月5日~5月11日までの1週間
※ただし、地域の実情による期間の延長等(5月末までに限る)は差し支えない。

主唱

こども家庭庁 (福)全国社会福祉協議会 (公財)児童育成協会

標語

「こどもまんなか 児童福祉週間」の趣旨を簡潔に表現していて、こどもたちを応援するものや、未来に向けてのこどもたちへのメッセージをテーマにした標語を毎年募集しています。
選定された標語は、「こどもまんなか 児童福祉週間」の象徴として、広報・啓発ポスターをはじめ、全国各地で実施される関連事業や行事などで幅広く活用しています。

令和6年度「こどもまんなか 児童福祉週間」標語 すきなこと どんどんふやして おおきくなあれ 加藤共泰さん 6歳 香川県

過去に選ばれた標語

こいのぼり掲揚式

「こどもまんなか 児童福祉週間」の実施に先駆けて、こどもの健やかな成長・発達を願い、保育園児と大相撲力士などを招待して、みんなでこいのぼりを掲揚する行事を、1958(昭和33)年から行っています。