本文へ移動
こども家庭庁ホーム

こども虐待による死亡事例等の検証結果等について(第19次報告)

こども家庭審議会児童虐待防止対策部会児童虐待等要保護事例の検証に関する専門委員会

こども虐待による死亡事例等の検証については、こども家庭審議会児童虐待防止対策部会(令和5年4月設置)に設置されている「児童虐待等要保護事例の検証に関する専門委員会」において検証が行われ、今般、令和3年4月1日から令和4年3月31日までの間に、児童虐待による死亡事例として厚生労働省が各都道府県を通じて把握した68例(74人)及び令和3年4月1日から令和3年6月30日までの間に全国の児童相談所が児童虐待相談として受理した重症事例(死亡に至らなかった事例)として厚生労働省が各都道府県を通じて把握した事例のうち1事例について分析等を実施し、明らかになった課題を受けて報告が取りまとめられました。

こども家庭庁として、本報告の提言を受け、児童虐待防止策をより一層推進していくとともに、地方公共団体、関係団体及び関係者に周知を図り、取組みを通じ、児童虐待の発生予防の対策強化に向けて、こどもの命を守る社会づくりを進めます。

こども虐待による死亡事例等の検証結果等について(第19次報告)(令和5年9月)

【概要版】(PDF/2MB)

【全体版】(PDF/19MB)

目次/はじめに/1 凡例・検証方法等(PDF/1.2MB)

2 課題と提言(PDF/619KB)

3 現地調査(ヒアリング調査)の結果について(PDF/1.2MB)

4 特集「こどもの死亡時に実父母双方と同居している事例とそれ以外の事例の比較」にかかる集計とまとめ(PDF/6.2MB)

5 個別調査票による死亡事例の調査結果(PDF/9.8MB)

6 地方公共団体における検証等に関する調査結果(PDF/1.6MB)

7 これまでの児童虐待防止対策の経緯と本報告の課題と提言(PDF/479KB)

おわりに/委員名簿、委員会開催経過、現地調査経過/集計表一覧(PDF/1MB)

【資料編 全体版】(PDF/30MB)

※令和5年9月27日 一部誤植を修正しました。

問い合わせ先

令和5年9月7日
こども家庭庁支援局
虐待防止対策課
事例分析指導専門官 笠 真由美
主査 水落 彩香
主査 下敷領 祐里
(電話)03-6859-0091